Cohesion Framework チュートリアル

トップ / チュートリアルトップ

1.チュートリアル用プロジェクトのダウンロード

まずはこちらからチュートリアル用プロジェクトをダウンロードしてください。 または、リポジトリhttps://svn.wda.jp/g2repo/cohesion/trunk/CohesionTutorial/から最新版のチュートリアル用プロジェクトをチェックアウトしてください。

このファイルはEclipse3.3形式のプロジェクトになっています。

CohesionTutorialには以下のようなディレクトリ・ファイルが含まれています。

CohesionTutorial
 ├.settings eclipse用設定
 ├flex ActionScriptのソースやライブラリ
 │ ├config
 │ │ ├CHConfig.as Cohesion Framework設定用のswfを作るためのソース
 │ │ └compile.bat CHConfig.asをコンパイルするためのバッチファイル
 │ │
 │ ├lib Cohesion Framework用の共通ライブラリ
 │ │   モジュールをコンパイルするときはこいつらをインクルードするのを忘れないようご注意ください。
 │ │
 │ └modules モジュール保存用ディレクトリ
 │     Cohesion Frameworkでは、モジュールを追加作成することでマルチユーザアプリケーションを構築していきます。
 │
 ├gpss2 GPSS2サーバ一式
 └src Javaでサービスを記述する際のソースディレクトリ

重要なディレクトリは以下の3つになります。

  • CohesionTutorial/flex
  • CohesionTutorial/gpss2/scripts
  • CohesionTutorial/gpss2/classes

あとは無視してもらってかまいません。

次へ進む