SQLTextInput

  • SQLiteデータベース内のデータを表示する為のTextInput?派生クラスです

コード

プロパティ一覧

  • delimiter:String - 複数のカラムを取得した場合の区切り文字
  • frontCaption:String - 取得データの前方に追加する文字
  • rearCaption:String - 取得データの後方に追加する文字
  • sqlConnection:SQLConnection - データを取得するSQLiteデータベースとのコネクション

メソッド一覧

  • executeQuery(sql:String) - 指定したSQL文を実行して結果をSQLTextInputに反映させます

使い方

  • 情報を取得したいSQLiteデータベースと予めコネクションを確立しておきます
  • データベースは同期モードでオープンしてください(非同期モードはまだサポートしておりません)
  • sqlConnectionプロパティに確立したコネクションを指定します
  • 複数カラムを取得する際にはdelimiterプロパティに区切り文字を設定できます
  • frontCaptionとrearCaptionで取得データの前後に文字列を追加できます
  • executeQuery()に指定できるSQL文はSELECT文だけです
    SELECT文は以下のように取得するデータカラム名がわかるように記述してください
    select * from sales → select id, quantity from sales
    select id, sum(quantity) from sales group by id → select id, sum(quantity) as total from sales group by id

サンプルコード

  import flash.data.*;
  import flash.filesystem.*;
  import org.libspark.utils.SqlUtil;
  import org.libspark.snippets.controls.SQLLabel;

  private function SQLTextInput_Sample():void {
    var connection:SQLConnection = new SQLConnection();
    var file:File = new File("user.db");
    connection.open(file); //同期モードでオープン
    var records:SQLTextInput = new SQLTextInput();
    records.sqlConnection = connection; //コネクションを指定
    records.frontCaption = "Total: ";
    records.rearCaption = " record(s)";
    records.executeQuery("select count(*) as count from postcode"); //SELECT文を実行してデータを格納
  }