SwitchMenu?

簡単にカレント切り替えメニューを実装する。

スクリプトのみでメニュー群にマウスアクションの演出や、オーバーエリアの設定するのって、結構手間がかかったりして、意識して作らないと、すごく味気ないものになっちゃいますよね?  このクラスは、出来るだけそういう負荷を減らすため、マウスアクションやオーバーエリアを、タイムライン上で設定する事を目的としています。(一応スクリプトでも出来ます)

特徴

  • 複数のMCが入った配列をコンストラクタに渡すだけ。
  • マウスイベントでのカレント切り替えはもちろん、外部からも切り替え可能(その時イベント配信あり、無しを指定出来る)。
  • それぞれのボタンは各状態で up、 over、 select、 out というフレームラベルにgotoAndPlay()しますので、演出はタイムライン上で簡単に作成出来ます。
  • オーバーエリアを指定するため、各MC内最前面に全体を覆うoverArea_mcという名前の(透明な)MCを配置して下さい。

(それぞれメニューボタンのサイズやアクション時のサイズに違いがあっても、比較的楽にオーバーエリアを設定出来るようにするため)

動作サンプル

http://www.romatica.com/dev/switchmenu/index.html

使い方など

http://blog.romatica.com/2010/10/11/swithmenu/

ドキュメント (ASDoc)

http://www.romatica.com/dev/switchmenu/asdoc/

サンプル一式ダウンロード(zip)

http://www.romatica.com/dev/switchmenu/SwitchMenuSample.zip

リポジトリ

http://www.libspark.org/svn/as3/Romatica/SwitchMenu

作った人