FrameIntervalクラス

説明

  • setInterval()のフレーム同期版。

使い方

基本的に setInterval() と同じように使えます。

import net.yoshiweb.utils.FrameInterval;

// パラメータ:実行する関数への参照、関数を実行する間隔 (フレーム)、実行する関数に渡すパラメータ...
FrameInterval.setInterval(trace, 10, "10フレームごとに実行");

setInterval()と同じように1番目の引数にオブジェクトを渡して関数を実行することもできます。↓

import net.yoshiweb.utils.FrameInterval;

// パラメータ:指定した関数を含むオブジェクト、実行する関数名、関数を実行する間隔 (フレーム)、実行する関数に渡すパラメータ...
FrameInterval.setInterval(this, "test", 10);

function test(){
    trace("10フレームごとに実行");
}

もちろん戻り値でインターバルIDを返しますので、その値を使って動作を止めることができます。↓

import net.yoshiweb.utils.FrameInterval;

var intervalId:Number = FrameInterval.setInterval(this, "test", 10);

function test(){
    FrameInterval.clearInterval(intervalId); // 停止
}

フレーム数を 1 にすれば onEnterFrame の代わりにも使えます。↓

import net.yoshiweb.utils.FrameInterval;

FrameInterval.setInterval(this, "test", 1);
function test() {
    mc._x += 10;
}

setTimeout()もあります。↓

import net.yoshiweb.utils.FrameInterval;

FrameInterval.setTimeout(trace, 10, "10フレーム後に実行");